Security house
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

ホーム
空き巣防犯対策
狙われやすい家
親子で防犯対策
防犯グッズ
泥棒の心理 行動ホームセキュリティ用語集
ホームセキュリティリンク集

ノート
ホームセキュリティとは

ホームセキュリティとは、住宅用の防犯・事故防止の為の警備システムのことをいいます。
屋内にいくつかの各種センサーを配置し、庭などを含む住宅全体を常に監視し、火災、ガス漏れ、不審者の侵入などをいち早く住人に知らせます。防犯カメラやネットワークカメラも防犯対策として有名ですね。



その上、ホームセキュリティは元来、(救急)(防災)(防犯)をも兼ね備えていますから、世界一安全な国=日本という方程式が崩れてかけているこのご時世、ホームセキュリティー・ネットワークカメラの需要率は上昇する一方でしょう。
現在、このホームセキュリティという言葉は頻繁に耳にするようになりました。
ホームセキュリティという言葉を知らない人は、非常識だと思える程、ホームセキュリティというものは私たちの身近なものになっています。


ホームセキュリティの中でも代表格と言える機能が、防犯です。
一昔前まで、大抵ホームセキュリティ、つまり防犯を心掛けているのは、一般より裕福な家庭だけだったように思います。

しかし現代では、ごくごく一般の家庭さえも、防犯を行わなければならない治安になってしまいました。
と、いうのは、近年の住宅を狙う窃盗犯が、金目のものがあるかどうかという『侵入目的』より、入りやすいかどうかという『侵入過程』の重視するようになったからです。
まだまだ、ホームセキュリティを意識しているのは、技術とメディアの最先端である、ごくわずかな都心の人々だけです。
窃盗犯が侵入しやすい家を狙っていることは事実であり、特に気を付けるべきなのは、まだまだホームセキュリティの意識の足りていない大よその地域の人々なのです。
平たく言ってしまえば、田舎こそホームセキュリティや防犯カメラ・ネットワークカメラの設置などをした方が良い、ということです。


また、ホームセキュリティのもう一方の機能である、防災と救急に関しても、住宅での不意の人災は後を絶ちません。
特に火災は、一般住宅では年間約14000件起こっています。決して人事ではないのです。
もしも窃盗犯に侵入されたら。もしも火災が発生してしまったら。
起きてしまってからでは遅いのです。あなたのホームセキュリティは、果たして万全ですか?
当サイトでは、ホームセキュリティ・防犯に関する内容を紹介していますので、ごゆっくりご覧ください。
しっかりとした防犯対策を心がけ、泥棒に侵入されにくい家作りを目指しましょう。

pickup


本物のホームセキュリティとは

近年の住宅に侵入する窃盗犯は、金目のものがあるかどうかという侵入目的より、入りやすいかどうかという侵入過程の重視するようになりました。概算で5分以上、侵入に手間取られてしまうと窃盗犯に直感された住宅は、たいていの場合で諦められてしまいます。隙の無い家を作ることこそが、ホームセキュリティの本物の効力なのです。また、あなたの大切な家族を守る第一歩なのです。人災に関しても同じことが言えます。幼い子供を持つ親なら、子供の動作から目を離さない。まして子供を置いての外出は、極めて危険です。親の隙の無い見守り方が、家には平和を、子供には愛情をもたらします。現在は、ホームセキュリティシステムの技術も格段に進歩し、その高機能に頼りきってしまいがちです。何より大切なのは、家と大切な家族を守ろうとする“意識”です。意識が無ければ隙は必ず生まれます。今一度立ち止まって、本物のホームセキュリティについて考えてみましょう。



………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
Copyright 2008 Securityhouse All rights reserved.